ファンケルのえんきんを飲んで老眼予防

私が服用していますのは、ファンケルの“えんきん”です。

 

私が“えんきん”を服用するようになったきっかけは、耳鼻咽喉科を受診しましたことです。

 

最近、匂いがわからないな、と思って耳鼻咽喉科を受診しましたら、実際に、鼻腔が詰まっていました。
そこで、処方されたのが、更年期のお薬でした。

 

えっ、私って、そんな年なの?と、びっくりしました。先生は、予防のために飲んだ方がいい、と言います。
考えてみれば、私もそんな年なのかも?と、思い直して、それならば、老眼も予防しようかな、と思いました。

 

そして、飲み始めましたのが、ファンケルのえんきんです。
同級生の男の子は、もう、小さい文字が読めないと言い始めました。
そうなんだな、と思い、イオンのお買い得の日に、“えんきん”を買っています。
※ファンケルのえんきんについて詳細を知りたい方はこちらのサイトを参考にしてみてください。
【URL】えんきん1000円 | ファンケルお試しサプリの効果や評判

 

おかげさまで、まだ、老眼は来ていません。老眼は、遺伝もあると言います。
私の場合は、父は長いこと、2.0で、母は0.3位ですが、二人とも、老眼は来ませんでした。

 

ですから、遺伝的には、恵まれていると言えます。私自身は、1.5ですので、視力は良い方です。
視力がいいと、老眼が早いと言われていますので、いつ、老眼が来るのか?結構、びくびくしています。

 

そんな私も、一時期、視力が低下していました。1.5から0.8に低下してしまったのです。
いろいろ、サプリメントを試しましたが、なかなか回復しませんでした。
ところが、ある日、運転免許の更新に行きましたら、試験官が、あなたは、眼鏡は必要ないですね、と、運転免許から眼鏡ありを削除してくれたのです。

 

自分でよくよく考えてみますと、どうやら、ブルーベリー100%の飴が効いたのではないかと思い当たりました。
ブルーベリーも、いろいろ食べましたが、品種などによって、効く品種と、効かない品種があるようです。
袋には、品種までは書いてありませんでしたが、私の経験では、生のブルーベリーよりも、ジャムのように加工してある方が、効くようです。